血圧と毎日の血圧測定が望ましい理由を述べたメディカルインフォメーションサイト

毎日血圧測定するのが良いと言われる理由

高血圧と低血圧の症状やリスク

血圧とはどのようなものなのか

人体には血液が流れており、血液は血流によって循環し、体内に酸素や栄養素を運搬するだけでなく、二酸化炭素や体内の老廃物を回収していることから、血液や血液を循環させる血流は、人体を維持する上で欠かせず、血液と血流は人間が生きていくために非常に重要な役割を果たしているのです。

血圧は血液を送り出し循環させる際に、血流が血管を内側から圧迫する力、端的に言えば、血流による血管への圧力のことを指し、心臓や血液、血管だけでなく、心臓以外の内臓や神経も密接に関わっているため、様々な要因が血圧に影響を与えやすいことから、常に一定を保てるものではない上に、血圧が何らかの要因で正常を保てないと高血圧や低血圧を招きます。

正常血圧と高血圧・低血圧

血流によって生じる、血管への内的圧力である血圧は、心臓から血液を送り出すための心臓の収縮に際した、血流から血管への強力な圧力である最高血圧、心臓が血液を血流として送り出す準備段階として拡張している状況下における最低血圧からなり、最高血圧は血圧の上、最低血圧は血圧の下と表現される場合もあります。

この、最高血圧と最低血圧の値には正常値が設定されており、正常値を保った血圧が正常血圧、正常値に比べ最高血圧と最低血圧の両方あるいは一方が著しく高い血圧を高血圧、正常値よりも最高血圧と最低血圧の両方または一方が著しく低い血圧を低血圧といった形で区分していますが、血圧は常に一定しているわけではなく、数値が突出して高かったり低かったりしないのであれば、一度の血圧測定だけで高血圧や低血圧と判断するのは、尚早でしょう。