血圧と毎日の血圧測定が望ましい理由を述べたメディカルインフォメーションサイト

毎日血圧測定するのが良いと言われる理由

血圧を正確に測定するには毎日の測定が必要

正確な血圧の測定を阻害する要因

基本的に血圧には複数の内的要因が複雑に絡み合っている上に、外的要因も作用しやすいため、正確な血圧を測るに当たっては、多数の阻害要因がありますので、病院や健康診断のように年に数回程度の血圧検査だと、環境的な不確定要素が外的要因として作用しやすいことから、正確な血圧を測定しにくく、病院や健康診断での血圧測定のみによる、正確な血圧の測定は難しいと言わざるを得ません。

分かりやすく言うと、血圧の測定は内的要因や外的要因だけでなく、季節の変動も影響するため、正確な値を測定しにくいということになるのですが、一般的に家庭での血圧の測定を決まった時間、決まった状態で毎日行う事によって、血圧測定の精度に一定の信頼がおけるでしょう。

毎日血圧測定を行う意義

複数の内的要因が複雑に絡み合い、外的要因の影響も受けやすい上、季節による変動まである血圧の場合、病院や健康診断で一度や二度血圧を測定したとしても、正確な血圧を測ることができない可能性が少なからずありますし、高血圧と低血圧のいずれにしろ、血圧異常があった場合には、血圧の正確な値が測定できないと適切な薬の処方を受けられないため、正常血圧であれ異常血圧であれ、自分の血圧を正確に把握しておくことが望まれます。

多くの要因から、常に変化しやすい血圧の測定に可能な限り正確性を期すなら、毎日の血圧の測定が欠かせず、可能な限り同時間同条件で測定した方が、正確な血圧を割り出せますので、毎日の血圧測定には測定の精度を高める効果が期待できるのです。